今回は、ではなく、も?といってよろしいのでしょうか、日本人の方、scripthoge様がプリセットしてくださったENBプリセット、Undramatic ENBを紹介したいと思います。

こちらのENBは、個人的に私好みの一種であるVanilla風ビジュアルに、名前の通りドラマティックな効果ではないが、VanillaにENBの風味を付け加えたものにあたるプリセット作品です。

対応している光源等が
Relighting Skyrim、CoT、RLO、ELFX、Pure Weather等、多岐に及んでいるので、選択肢に入れやすいENBプリセットだと思います。
ダウンロードファイルの中には、通常版(Normal)と、DoFとSSAOを切った軽量版(Lite)が入っております。

今回は、通常版の方を試験的に導入してみました。
導入法は、
通常版内にある、enbseriesフォルダー、enbseries.ini、そしてenblocal.iniを、tesv.exeファイルと同階層に導入後、別途ダウンロードしたenbhelper.dllをenbseriesフォルダーに入れるだけです。

enblocal.iniの
[Memoey]内にある、各値は、各自で任意に変更してくださいませ。


以下はSSですが、使用MODにより映り方が変化すると思いますので、そのあたりは、ご了承してくださいませ。

私的使用光源並びに天候MOD:
Relighthing Skyrim、Climate of Tamriel (CoT)。
その他のテクスチャー系MODは、Toric law of nature ENBと同様、Vivid Series、aMidianBorn Series、Skyrim HD 2K (Lite ver.) Series、Skyrim Flora Overhaul等です。

撮影場所 : Whiterun内外周辺。

Valnilla(Before)では、
Undramatic021
Undramatic ENB(After)では、
Undramatic022
という感じで、DoFの部分を抜かせば、Vanillaよりシャープな感じになったかと思います。


Undramatic020
Undramatic005
Undramatic016
Undramatic010
Undramatic007
Undramatic013
Undramatic011
Undramatic012
Undramatic002
Undramatic026
Undramatic028
Undramatic029
Undramatic036
Undramatic034
Undramatic001


個人的感想(通常版使用):

初めて使用しましたが、私的にはお気に入りの一つのビジュアルです。Vanillaを基調として、手を加えてくださっているからか、普段私が使用しているRuvaak Dahmaan ENB Redoneと同じくらい、これといった大きな癖もありません。個人的には良い具合にプリセットをしてくださっているなと感じました。
コントラストが強いとかでもない渋めのプリセット?なので、ファンタジックな色調などが好みの方には、あまり御用がないプリセットかもしれません。
私的には通常版を使用した限りでは、Whiterun周辺において、Ruvaak Dahmaan ENBよりも、FPSが低めに、つまりは若干重くなってしまっていた次第なのですが(さまざまな環境により違います)、軽量版を使用すれば、FPSも改善されるはずですので、FPSが気になる方は、一度通常版を試したのち、軽量版を使用してみるのも手かと思います。



© 2014 Misc. Skyrim by Elk.
© 2009-2014 Bethesda Softworks LLC, a ZeniMax Media Company.
All Rights Reserved.